今回はクリスマスケーキのカロリーについて紹介していきたいと思います。そして、一般的なショートケーキをクリスマスケーキとして紹介しておりますので、ある程度の参考になると思われます。ファミリーマートやヤマザキだったり、セブンイレブン、ローソンだったりのカロリーを参考にするときにも役立つかもしれません。それ以前にですが、カロリーというものは2割の表記の誤差が許されているので、意外といい加減な部分があるかもしれません。あくまでも参考の1つとしてみてください。

クリスマスケーキのカロリーを3号、4号と紹介していきます

号数 cm カロリー 人数
3号 9cm 675kcal 2人用
4号 12cm 1180kcal 2〜3人用
5号 15cm 1556kcal 4〜6人用
6号 18cm 2130kcal 6〜8人用
7号 21cm 2585kcal 8〜10人用

 

クリスマスケーキというと、ふんわりとして食べやすいものが多いです。そして、カロリーはおおむね上記のようになりました。また、コンビニのケーキだったり、ルタオだったり、大手メーカーのケーキで口コミが高ければ高いほど、やはりそれなりにおいしく食べることができるようにと、実はカロリーも大きく設定されていることがほとんどです。普段スポンジだけを食べるとすれば、場合はこれまでの高カロリーを摂取する前に飽きてしまったりしますが、生クリームなどの類のおかげで、クリスマスケーキもモリモリ食べてしまいます。私も毎年のことながら、あまり食べ過ぎると良くないと思いながらも食べ過ぎてしまいます。

クリマスケーキのカロリーが低いものを選ぶためのポイント

もし、あなたがクリスマスケーキのカロリーについて気になっていて、もう少し低カロリーのものがないのかなとお探しであれば、まずはチーズケーキを選んでみましょう。クリマスケーキの中でも実はかなり安く仕上がっているものも多いです。それでいて、毎年のことながら生クリームがあまり好みではない方に人気です。もしくは、フルーツがたっぷりと乗っているものを選ぶとカロリーという観点では実は抑えることができます。しかしながら、人間の体というものはクリマスケーキのように甘くはできておりません。カロリーだけを気にしていると、実は脂肪が減るものも減らなかったりします。お肉だけを食べて毎日暮らす、低糖質な生活と、毎日きっちりカロリーだけを計算して、ケーキだけの生活をするのであれば、私の経験からも前者のほうが圧倒的にきれいな体に仕上がりやすいです。また、カロリー理論だけで突き詰めると、1kg脂肪で太るのに7200kcal必要なことから、6号のケーキを3.3個食べなければならない計算になりますが、現実はそうではありません。そこに含まれる糖質の量を考えると、まず3ホールも食べると、翌日に体がむくみ始めたりします。カロリーだけで考えても、意外とあなたの思っているダイエットなどにはうまく影響してくれないかもしれません。

 

クリスマスケーキにチーズケーキでおすすめなもの特集【2019】

クリマスケーキのカロリーは気にする?低糖質にする?

そんなこんなでクリスマスケーキのカロリーは気にするのか、低糖質にするのか、少し悩まれているかもしれません。クリスマスケーキをじゃんじゃん紹介していく当サイトですが、実はダイエットも得意だったりします。そして、今年はカロリーは気にするべきなのかどうなのか、いわゆるローカーボなクリマスケーキを選ぶ必要があるのかと思われますが、実は私はその必要も無いと思われます。いくらローカーボなクリスマスケーキといっても、すでに気づかれている方が増えておりますが、それなりの量食べれば、しっかりと糖質を摂取してしまっているからです。少し食べることができないからこそ、私たちは困っているのです。第一にですが、クリマスケーキとカロリーの表とにらめっこしながら、これを食べたらどのくらい増えるなんて、考えるような食べ方やクリスマスという特別な日の楽しみ方は楽しいかと聞くと、ほとんど体型を気にする方はそうではないと思います。ダイエット中に食べられるケーキを楽しむよりは、うんとその日を楽しみましょう。少々食べたとしても、クリスマスケーキはあまり体に影響はありません。そして、それでもやはり年末年始を考えると、やはり太るシーズンになってしまいます。それはどうやって避けていけばいいのか、私なりに考えて毎年のごとく体型を管理している方法を別のページで紹介してみたいと思います。ひとまずは、カロリーだけでも参考になったならば幸いです。

 

スポンサーリンク